日本はこれまで中国に政府開発援助(ODA)という形で莫大な規模の援助を提供してきた。外務省によれば、1979年から2013年までに実施した日本の対中ODAは総額で3兆円以上に達する。

 中国では日本の対中ODAそのものを知らない人も少なからず存在すると言われているが、中国メディアの快資訊はこのほど、日本はなぜ中国に3兆円以上ものODAを実施したのかと問いかける記事を掲載した。

 外務省によれば、日本の対中ODAの大半を占めていた「円借款および一般無償資金協力は新規供与を既に終了」しているが、記事は、「国際慣例に基づき、日本が中国に実施した資金の大半は有償のものであ・・・・

続きを読む