中国では豊かになった人びとが海外旅行を楽しむようになっており、日本や韓国が人気の渡航先となっている。だが、中国人が多く訪れている国では、旅行客と住人との間でトラブルも起こっているようだ。中国メディアの快資訊はこのほど、「日本や韓国を訪れた中国人観光客は中国人向けに掲げられた注意書きに落胆し、その国を再訪したくなくなってしまう」と論じる記事を掲載し、どのような表示がなされているのかを紹介している。

 韓国は日本と並んで中国人にとっての人気の渡航先となっている。多くの中国人は韓国製の化粧品を購入するために韓国旅行を計画するというが、中国人が韓国を訪れることによって莫大な経済効果を韓国にもたらしているのは間違いないだろう。

 記事は、韓国も中国人観光客を歓迎していると主張する一方、韓国を訪れた中国人観光客は様々な場所で中国語での注意書きを目にすると紹介。商業施設では「要注意! 破損した場合は自己責任」、「観光客は立ち入り禁止」といった注意書きが中国語で書かれていると紹介。こうした注意書きは日本でも見られると指摘し、こうした表記を見た中国人は気分を害し、再び日本や韓国を訪れたくなくなると紹介した。

 これに対して、中国のネットユーザーからは「こうした注意書きにはそれなりの意味があるのだから、自分達に落ち度がないか考えるべき」、「中国人のマナーは非常に良くなったのに、まだこのような注意書きを掲示するのは中国人を敬っていない証拠」といった声が寄せられたという。

 中国人観光客が日本にも大きな経済効果をもたらす一方、地元住民との軋轢が生じているのも事実だ。今後、ますます中国人観光客が増加していくことが予想されており、旅行で訪れる側のマナーの向上もそうだが、受け入れる側にもそれなりの対策が必要になってくるのかもしれない。(編集担当:村山健二)(写真は、韓国仁川市の蘇来湿地生態公園。観光地のイメージで、記事本文と直接関係ありません。写真提供:123RF)