少子高齢化が深刻な日本。政府も対応策を次々に打ち出しており、安倍晋三首相は2018年5月に開かれた人生100年時代構想会議で、65歳を超えても働き続けられるような制度の検討を厚労省に指示した。日本よりも少し遅れて少子高齢化の波が押し寄せるのが確実な中国では、日本のこうした対策を大いに参考にしているという。中国メディアの快資訊は10日、65歳以上でも働けるこの制度の構築は「中国の明日なのか」と題する記事を掲載・・・・

続きを読む