中朝国境にそびえる標高2744メートルの白頭山(長白山)は、946年に発生した大噴火では日本にも大量の火山灰をもたらして著しい影響を与えた。(イメージ写真提供:123RF)

続きを読む