中国では毎年9月10日は「教師の日」とされ、教師に対する感謝と尊敬の気持ちが表現される。中国メディア・東方網は11日、日本には中国のような「教師の日」はないものの、農村における教師の福利厚生や教育の充実ぶりは中国よりも優れているとする記事を掲載した。

 記事はまず、中国には現在農村で教鞭をとる教員が約330万人いるが、低い給料、負担の大きい仕事、閉ざされた環境といった苦悩を抱え、多くの人材が都市部へ逃げて行ってしまうと紹介。一方で「日本の学校を見学した人は驚くのだが、辺鄙な農村の学校にもプールや音楽室、器具が揃った実験室、図書館、コンピューター教室が揃っているのだ。これは、日本の経済・・・・

続きを読む