中国では「高速鉄道」について、営業距離の長さや営業運転の速度を理由に、「今や世界一の高速鉄道システム」であると主張する声が存在する一方で、高速鉄道の車内で販売される弁当については「値段が高いくせに不味い」という悪評が定着しており、「日本の駅弁に学ぶべきだ」という声は少なくない。

 中国メディアの湖北日報網によれば、中国高速鉄道の車内でこのほど、乗客が購入した弁当に「カビ」が発生しているの・・・・

続きを読む