日本経済がバブル崩壊後に低迷している間に、中国経済は著しい成長を遂げた。中国の国内総生産(GDP)は現在、世界第2位の規模となっており、このままのペースで成長を続ければ将来的に米国すら越えると見られている。

 中国メディアの快資訊はこのほど、日本と中国のGDPは大きな差がついたと指摘する一方、1人あたりGDPで比較して見ると「中国は日本にまだまだ及ばないのが現状である」と強調する記事を掲・・・・

続きを読む