中国の学校は9月から新年度が始まる。中国メディア快資訊は6日、9月から小学校に入学した新入生について取り上げ、「日本の教育を見ると中国の子どもたちはスタートラインの時点で既に負けていることが分かる」と指摘する記事を掲載した。

 9月に中国中央電視台(CCTV)は毎年「開学第一課」と題する番組を放送する。2018年の主題は「未来を創造する」というもので、「理想、奮闘、探究、未来」の4部構成で、「子どもたちが科学に関心を抱き、憧れ、追及するように導くよう希望する」という内容だったという。

 確かに科学への啓蒙も大切だが、記事は、「中国の子どもたちは独立、責任、鍛錬、尊・・・・

続きを読む