中国メディア・東方網は7日、中国の有名なミネラルウォーターの広告に日本の年配男性が起用されたことを紹介し、「一体どうして彼が選ばれたのか」とする記事を掲載した。

 記事は、中国の著名飲料水ブランド「農夫山泉」が昨年発表した広告に、日本の87歳の男性が選ばれたと紹介。「この主人公の男性は、一生をたった1つのことに捧げて専念していることで知られる。それは、飯炊きだ。まさにこれによって、日本の飲食業界では『飯炊き仙人』と呼ばれているのだ」と伝えている。

 そして、水と米を鍋に入れれば簡単に炊けると思いがちな炊飯が、本当においしいものを作ろうとすると実は非常に難しくなると・・・・

続きを読む