中国メディア・東方網は7日、どうして日本のサッカー選手はほとんどタトゥーをしていないのかとする記事を掲載した。

 記事は、今年行われたワールドカップ・ロシア大会にて、多くのスター選手のタトゥーが観衆の注目を集めたとし、一部の選手は家族の名前をタトゥーとして入れ、ピッチ上で自らを奮い立たせていたと紹介。欧米文化ではタトゥーは自己表現の1つとみなされ、南太平洋の国々でもタトゥーは民族性や伝統性、習慣性を帯びたシンボルになっていると伝えた。

 そのうえで、東アジア文化においてはタトゥーに対してネガティブなイメージが存在すると指摘。「特に日本ではタトゥーは強烈に否定され、・・・・

続きを読む