中国では、日本に対して少なからぬ偏見を持っている人がいるが、往々にして情報の不足や誤った情報に基づいているようだ。しかし、日本についてよく知ると、どんな人でも見方を変えざるを得ないという。中国メディアの網易は6日、「日本の細部を見れば、どんな人でも日本を見直すことになる」と題する記事を掲載した。

  

 そもそも、中国人は日本に対してどんな見方を持ってきたのだろうか。記事は、「地理的には近いが、気持ちははるか遠い」と言い表している。歴史問題ゆえに、隣国ながら中国人にとっての日本は、米国に対する以上に距離感があると分析している。

 では、どんな「細部」を・・・・

続きを読む