以前は「パクリ大国」と言われた中国だが、最近ではパクリ行為もだいぶ影を潜めてきていた。しかし、だからと言って全くなくなったわけでもないようだ。中国メディアの快資訊は5日、中国のラーメン店が日本の有名店とそっくりであるとする記事を掲載した。日本のテレビにも取り上げられてメンツが丸つぶれだと苦言を呈している。

 記事が指摘している中国の店は、日本の有名店そっくりのラーメン店で、中国でいくつもの支店を出しているというから中国人には受けているのだろう。日本にある本家は、外国人にも人気のチェーン店だ。記事によると、「早い、うまい、ひとりでも行ける」の3拍子そろっているのが良いのだという。

 では、どの程度パクられているのだろうか。記事は、「もし本家に行ったことがなければ本物だと信じてしまうほど」再現性が高いとしている。記事は写真も掲載して比較しているが、パッと見ただけでは違いが分からないほどだ。看板の色、文字、ロゴなどがそっくりで、わずかに字が1違う程度。店内の特徴的な座席と空席案内板、そして注文票も瓜二つで、スープを飲み干すとどんぶりの底に出てくる文字は一字一句同じだ。

 なぜここまで似せているのだろうか。ホームページには本家のチェーン店の写真が多数合成されて貼られていたともいうから確信犯なのは間違いない。味も本家には及ばないものの普通においしいという意見が多く、日本のラーメンを食べたと思い込んで満足して帰っていく人もいるようだ。しかし日本で本物を食べたことがある人は、全然違う、客をだます行為だと怒りをあらわにしているという。

 筆者は、このパクリ行為について「意義のある模倣は良いことだ」としつつも「怠惰になってはならない」と指摘。中国にもおいしい麺料理はたくさんあり、地域ごとに違った味わいもあるのでそれを押し出せば良く、なにも日本を真似る必要はないと主張した。

 パクリ行為が少なくなったとはいえ、中国における意識は日本とは全く違うというのを感じさせる。問題視している人も、同胞をだますという行為とメンツにのみ焦点を当てており、だれも本家に対して悪いという意識を持っていないのが印象的だ。この意識が変わらない限りは、中国の目指す先進的な国にはなれないのではないだろうか。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)