PayPay代表取締役社長の中山一郎氏(写真)は9月5日、アント フィナンシャル ジャパンが開催した「ALIPAY DAY2018」で講演し、「PayPayが提供する決済プラットフォームは、ネットの世界で22年間走り続けてきたヤフージャパンが、初めてオフラインに入っていく重要な事業。ヤフーをもう一つ立ち上げる覚悟で築いていきたい」と語った。今秋にサービスを開始し、早期に、加盟店と利用者で国内第一の決済プラットフォームを築き上げると意気込みを語った。

 PayPayは、ソフトバンクとヤフージャパンが出資して立ち上げる。また、インドで7年間の歴史を重ね、3億人の利用者、800万加盟店にサービスを提供しているpaytmの技術支援を受け、既に大規模な利用実績を重ねたシステムを利用する。このpaytm社については、「ソフトバンクとヤフーが出資するソフトバンク・ビジョン・ファンドの他、アリババグループ、アント フィナンシャルに加え、新たに、ウォーレン・バフェット氏が率いるバークシャーハサウェイも投資を決めたほどの将来有望な会社」と紹介した。

 PayPayの加盟店営業は、今年6月から東京、大阪、名古屋、福岡の4拠点で進めていたが、9月以降には16拠点を追加し、全国20拠点体制とした。一挙に加盟店のすそ野を広げる考えだ。

 その加盟店獲得のメリットとして新たに打ち出したのが、PayPayのQRコードが、アリペイのQRコードとしてそのまま利用できるというメリット。PayPayへの加盟が即、中国からの旅行者へのアリペイ決済サービスになる。アリペイへの加盟店手数料の支払いは1年間無料。PayPayの加盟店手数料も無料であるため、簡単な手続きによってキャッシュレス決済の利便性を提供できる。

 しかも現在、PayPayは「先行加入キャンペーン」として利用金額の1%を2019年1月末まで還元するキャンペーンを実施している。

 PayPayの利用は、独自のアプリを提供する他、Yahoo!ジャパンの公式ページにもPayPayの決済用のボタンを付け、ヤフーショッピングやヤフオク!などのECサイトでの支払い手段として利用しやすい決済プラットフォームにする。また、利用者向けには「圧倒的にお得!」と感じてもらえるサービス体系やキャンペーンをサービス開始前の説明会で明らかにするとした。

 中山氏は、「PayPayは、単に決済サービスを提供するのではなく、PayPayを使うことで人生が豊かになったと感じていただけるようなサービスとして育成していきたい」と、今後の目標を語った。