LINE PAYの取締役COO長福久弘氏(写真)は、9月5日に開催されたアント フィナンシャル ジャパンの「ALIPAY DAY2018」で講演し、「LINE PAYの決済革命はこの秋、2014年のサービス開始から次のステージである『2.0』にバージョンアップする」と語った。今秋からは、ショッピングの決済のみならず、証券、ローン、保険、資産運用など「LINEフィンテック」の様々なサービスとの融合が始まるという。

 長福氏は、日本でキャッシュレス比率が依然20%とキャッシュレス化が進まず、「2017年現在で106兆円の現金が流通し、現金の流通量が年率4%成長しているという日本の状況は、現金を支えるインフラが非常に優れているためだ」と分析。日本政府が、2025年までにキャッシュレス比率を40%に高める目標を掲げ、将来は世界最高の80%までキャッシュレス化を実現したいという目標に、LINE Payも果敢に挑戦していくとした。

 2014年のサービス開始から4年目で、ユーザー数3000万人に拡大し、利用実績も送金が前年比2.8倍、決済が2.5倍と大きく伸びているのは、「利用状況に応じて最大で利用額の2%がもらえるポイント制度やキャンペーンなど、ユーザーに利用メリットを提供してきた結果」という。そして、「100万カ所で使える」という目標についても、加盟店が9万4000店に拡大し、6月のクイックペイ(国内72万店舗で利用可能)との提携によって、「年内に100万カ所の実現が見えてきた」としている。

 利用者と加盟店に大きな広がりが出てきたことを踏まえ、この秋からは「LINE PAY2.0」と名付ける新しいサービス展開を進めるとした。証券やローンなどLINEグループのサービスとの連携を進めるとともに、日本の他、台湾、タイ、インドネシアで広がるLINEユーザーを通じて、「クロスボーダーで海外のユーザーを日本に呼び込むなどシームレスなLINE体験を広げていきたい」としていた。