9月1日は1923年の関東大震災発生にちなんで定められた「防災の日」で、全国各地で地震をはじめとする様々な防災訓練が行われた。中国メディア・東方網は3日、「日本人の防災意識はどれほど優れているのか」とする記事を掲載した。

 記事は「日本は地震が頻発する国だが、一方で地震発生による死傷者を大きく軽減できる世界有数の国である。日常的な地震への備え、地震の警報システム、建築物の耐震基準評価など、日本は地震対策において実に多くの経験を持っている」と紹介した。

 そして、日本では災害発生時のために備えておくべき生活必需品の目安が「3日×家族の人数分」とされていることを説明。・・・・

続きを読む