2日に閉幕したジャカルタ・アジア大会における日本勢の活躍について中国メディア・北京日報は3日、「日本の進歩は明らかに予想を超えていた」とする記事を掲載した。

 記事は、日本が今大会に過去最大規模となる選手団を派遣し、最終的に金メダル75枚、銀メダル56枚、銅メダル74枚を獲得、前回大会でメダル獲得数2位だった韓国を追い抜くとともに、金メダル獲得数も前回より28枚も多くなったと紹介。山下泰裕団長が2日に「大会前の予想を超えるものだった」とコメントしたことを伝えた。

 そのうえで、自国開催となる2020年の東京五輪を目指し、日本では政府がかつてないほどの資金投入を行うなど国を挙げての強化が行われていると説明。今大会では競泳、陸上、体操、卓球、バドミントン、フェンシングなどの競技で前回より大きく進歩し、ソフトボール、スケートボード、スポーツクライミングなど東京五輪の新規・追加競技においても大きな収穫があったとしている。

 また、卓球、体操、柔道、バスケットボール、サッカーなどでは最強の陣営で臨んでいないほか、水泳も今大会の成績は決して今シーズンのベストではなかったことを「注意すべき点」とし、2年後の五輪ではさらに強い日本代表の姿を目にする可能性があることを伝えた。そして、山下団長が「今大会の成績よりも、いかにして20年の五輪につなぎ、金メダル30枚、金メダルランキングトップ3の目標を達成するかが重要だ」とコメントしたことを紹介した。

 今大会も相変わらず大量のメダルを自国に持ち帰った中国だが、金メダルは前回大会よりも約20枚少ない。今大会の日本勢の成長を目の当たりにして、中国もさらに強化をしてくることだろう。今回はトップどうしの対決が実現しなかった体操や卓球などを含めて、2年後の東京五輪における「日中対決」がますます楽しみだ。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)