経済大国であるはずの日本で、近年貧困層の増加が指摘されている。中流家庭が多いと言われていたのは昔の話で、2014年の調査では年収300万円以下の世帯が全給与所得者の4割を占めていたという。これには、ワーキングプアや片親家庭の増加などの理由があるようだが、外国人には意外な話に感じるようだ。中国メディアの快資訊は31日、「なぜ日本人は一生懸命働いているのに貧しくなっているのか」と題した記事を掲載した。 続きを読む