中国人に人気の日本旅行。連休ともなると観光地や免税ショップは中国人でにぎわいを見せる。中国は豊かになったとはいえ、中国の所得水準からすると旅行費は高いはずだが、なぜ中国国内ではなく日本を旅行先に選ぶのだろうか。中国メディアの快資訊は1日、なぜ多くの中国人は何万元もかけて長期休暇に日本へ行くのかと題する記事を掲載した。

 記事は、日本旅行の人気は国内の観光地に影響を与えていると指摘。近年国内の観光名所では旅行客が減少してきているという。なぜ観光客が中国国内から日本へ流れてしまっているのだろうか。記事は、中国の観光業に問題があると分析。中国の観光名所そのものは素晴らしく、美食も日本に負けていないものの、「楽しめない」のだという。

 例えば、中国は人口が多いため、どこの観光地も休みの日になると人が多く「チケットを買うだけで半日つぶれる」と指摘。ゆっくり見て回ることはほぼ不可能で、「行っても疲れるだけ」であるため、行く気がそがれると正直な気持ちを記した。ネットでもチケットは買えるが異常な高額で、食事やホテルも値段が吊り上がり、国内の旅行も実は大して安くはないのが現状だとしている。中国ではどんなチケットにしても業者が買い占めてダフ屋が横行するという現状がある。

 また、国内ツアー旅行であっても、ホテルや食事の心配はいらないものの、旅行会社が悪質なガイドとグルになっていると無理やり買い物させられる恐れがあると紹介。観光地で働く従業員の質も高くはなく、いずれにしても純粋に旅行を楽しむのは難しいといえるだろう。満足感のない旅行に数千元(数万円)払うなら、確実に満足できる近場の海外に数万元(数十万円)かけて旅行に行ったほうがいいということになるようだ。

 日本はその点、旅行者の数も少なくてリラックスでき、観光地の管理も非常に厳しいので決して押し付ける売り方はせず、従業員の教育もしっかりしていてホテルのトイレまで非常にきれいだ、と手放しで絶賛している。費用も明朗会計で、中国旅行よりもずっと上のランクの「最高の旅行」になること間違いなしだと太鼓判を押している。

 これまで、中国の観光業はあまりに観光客の需要を無視してきたのではないだろうか。観光客を取り戻したいなら、日本に客が取られたことを恨むよりも、日本が選ばれている理由を考えるべきだろう。(編集担当:村山健二)(写真は中国南部の観光地・桂林のクルーズ。写真は本文と直接関係ありません。写真提供:123RF)