中国メディア・東方網は8月31日、ジャカルタ・アジア大会の女子バスケットボール準決勝で中国に負けた日本代表選手が試合終了後に見せたある行動が、中国のネット上で注目を集めたと報じた。

 30日に行われた準決勝で、中国代表は日本相手に終始主導権を握り、86−74で勝利した。記事は、「審判が試合終了の笛を吹き、双方の選手が戦いを止めて互いに握手を交わした。その後、日本の選手たちは急いで会場を後・・・・

続きを読む