他国を訪れて医療サービスを受けることは「医療ツーリズム」と呼ばれ、日本でも外国人患者の受け入れに積極的に取り組んでいる医療機関は多い。中国では日本の医療サービスの質は高く評価されていて、各種検診や治療などのサービスを受けるために訪日する中国人は少なくない。

 中国メディアの財経網は8月31日、日本の医療サービスを受けた中国人による手記を掲載し、この中国人が北京で一流とされている医療機関を選択せず、わざわざ日本にまで赴くことを決めた理由について紹介する記事を掲載した。

 記事は、日本で医療サービスを受ける外国人が増え続けているのには理由があると強調し、この中国人も東京や大阪、名古屋などにある評判の良い医療機関について調べに調べたと紹介。もともと北京市で一流と呼ばれる医療機関でサービスを受けることも選択肢として存在していたようだが、日本でサービスを受けることに決めたと紹介した。

 続けて、北京の医療機関ではなく、わざわざ日本で医療を受けることに決めた理由としてまず「医療技術の高さ」を挙げ、日本の医療技術の高さは世界有数であり、特にがん検診をはじめとする各種検診では「早期発見」に強みがあるとし、病気を初期の段階で発見できる技術力があるため、患者としては非常に心強いと指摘した。

 また、中国人としては飛行機に3時間ほど乗るだけで日本を訪れることができ、しかも、空気はきれいで食べ物も安心して口にでき、温泉をはじめとする観光資源も豊富であるため、「日本は医療と観光を組み合わせた医療ツーリズムが見事なほど適した国」だと主張。それゆえ北京市で一流とされる病院ではなく、日本を選んだのはごく自然な成り行きだったと伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)