次世代の乗り物が現実味を帯びてきたようだ。日本では約20社の開発グループにより、渋滞知らずの夢のような「空飛ぶ車」の開発が進んでいるという。中国メディアの快資訊は27日、この新たな乗り物に向けた日本の取り組みを紹介し、空飛ぶ車は夢ではなくなっているとする記事を掲載した。

 空飛ぶ車の研究・開発は米国や英国などいくつかの国で行われているが、日本でも何年も前から取り組まれてきた。開発グループの1つ、CARTIVATOR(カーティベーター)は2012年から活動を始めている。政府も2020年代の実用化に向け、官民合同の協議会を年内にも立ち上げる方針だと報じられている。記事は、電気自動車や自動・・・・

続きを読む