中国メディア・東方網は26日、日本の生活の中に存在する「世界一」なものを7つ紹介する記事を掲載した。

 まず挙げたのは、魚介類の消費量。「日本人が食べる魚は世界のどの国の人よりも多く、毎年約1700万トンに上る。そして、日本人はタンパク質の20%以上を魚介類や魚介類製品から得ているのである」と紹介した。また、魚介類の消費量の多さに関連して、東京の築地市場が世界最大の魚市場であり、毎日20・・・・

続きを読む