中国では牛肉よりも豚肉の方がより広く食されているが、それでも「和牛」の美味しさは広く知られている。中国メディア快資訊はこのほど、「日本の文化となっている和牛を、あなたは食べたことがあるか」と問いかけ、和牛の美味しさを紹介する記事を掲載した。

 中国では急速な経済発展と共に国外の食文化が流入し、街中では様々なファーストフードやイタリアンなどを提供する店が増えている。また、日本食も人気があり、すき焼きやしゃぶしゃぶは日本食として認知が高まっている。

 記事は、日本の「和牛」は世界的にも有名で高価な食材として取引されており、「まるで大理石のように脂のサシが入った独特の肉の味は繊細で、口に入れたら直ぐに溶けてなくなってしまう」と紹介した。

 続けて、古代の日本にはもともと牛は生息しておらず、中国、あるいは、朝鮮半島経由で日本に持ち込まれた存在であったと主張。さらに、当初は主に農耕での労働力や神事で用いられ、食べる習慣はなかったと説明する一方、今では日本人は世界で最も美味しい牛肉を生産していると伝え、牛肉の生産という点でも日本人の「改善」や「追求」という特性が発揮されたと論じた。

 和牛の美味しさは中国はもちろん、世界で高く評価されている。だが、その一方で和牛の遺伝子はすでに海外に流出しており、中国でも流出した和牛と別の種を交配させた牛肉の生産が行われており、日本の和牛にとっての脅威となりつつある。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)