中国メディア・東方網は23日、「日本で忠義の神として崇められ、みんなから尊敬されている」として、ある中国の部将に対する日本人の信仰について紹介する記事を掲載した。

 記事はまず、中国では古来より「文は孔子を拝し、武は関公を拝す」と言われてきたと紹介。「関公」こと三国時代の武将・関羽が崇拝の対象となる理由として、幼い頃より儒学の薫陶を受けてきたこと、武芸のみならず文化人としても優れており、・・・・

続きを読む