中国メディア・東方網は21日、中国と日本の幼児教育について比較し、「中国は消化しきれない脂身だらけの料理で、日本はさっぱりとした和食である」と評する記事を掲載した。

 記事はまず、中国の幼児教育について解説。「多くの場合、小学校教育の前倒し、予習クラスのようになっている。園児たちは小学校1、2年生の学習内容をさらうことになる。算数、漢字の読み、詩の暗唱、絵画、英語さらにはピアノ、囲碁、デ・・・・

続きを読む