中国メディア・東方網は21日、「どんな人が日系メーカーの自動車を購入するのに適しているのか」とする記事を掲載した。

 記事は、「日本車に対する中国人の印象は両極端に分かれる傾向がある。好きな人はものすごくハマり、嫌いな人は本当に毛嫌いする。それは民族的な要素も相まって、中国自動車市場におけるやや特殊な状況を生み出している。もちろんその中間には日本車を選ぼうか選ぶまいかと迷っている消費者もたくさんいるのだが、一体どんな人が日本車を購入するのに適しているのだろうか」とした。

 そのうえで、日系車の持つ特徴について解説している。まず日系車は燃費がいいとし、それは資源が少なく資源を大切にしようとする日本の国情と密接に関わりがあると紹介した。また、日本人の厳格な性格は自動車作りにも現れており、故障が少なく耐久性が高いという特徴を持っているとしたほか、エンジンと変速機の連係が非常に優れており、ギクシャクすることなくスムーズに車を走らせることができると説明した。

 その一方で、「日系車は足代わりとしての要素が強いため、走る楽しさという点では物足りない。そして、特に入門クラスの車種を中心に、自動車の装備が『ケチ』であり、コストパフォーマンスがあまり良くない」と指摘している。

 そして、日系車の購入に適している消費者像について「自動車の質を重んじるとともに、度々発生する故障にヤキモキすることなく安心して乗りたい人。燃費を非常に重視したい人。そして、刺激や走ることの楽しさよりも、実務性を求め、ちゃんと走って足代わりになればいいと考えている人」とし、このような人たちにとっては日系車がベストチョイスになると伝えた。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)