近年は中国人旅行客が大量に日本を訪れるようになり、中国を訪れたことがなかったり、日常生活で中国人との接触がまったくない日本人でも中国人の性格や特徴を知る機会が増えていると言えるだろう。

 日本人が中国人に対して抱く印象は各々によって若干の差はあるだろうが、総じて言うとどのようなものになるだろうか。中国メディアの快資訊はこのほど、欧米の日本研究専門家の見解として、「日本ではすでに中国人に対して一定のイメージが形成されている」と伝えつつ、それはまるで「醜い中国人」という書籍の影響を受けたかのようだと伝えている。

 記事が紹介している「日本人が抱く中国人のイメージ」とは、「中国人は違法なことに手を染める傾向にあり、法律を守らない」、「列に割り込むなど、中国人はルールを守りたがらない」、「中国人は話し好きで、声も大きい」といったものだ。

 もちろん、すべての日本人がこのようなイメージを抱いているわけではないが、記事はこうしたイメージは「醜い中国人」という書籍の影響を大きく受けたものではないかと考察した。「醜い中国人」とは中国生まれで共産党政権後に台湾に渡った柏楊氏の著書であり、日本語にも翻訳されたものを指しているが、日本人が抱くイメージはこの書籍にある中国人像に似ているというのが記事の主張だ。

 記事が紹介しているのは、どちらかと言えばネガティブなイメージばかりだが、これはまだ日本人と中国人の交流が少ないからかも知れない。ポジティブなイメージとしては「情に厚い」、「勤勉」、「商才がある」といったものがあるのではないだろうか。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)