中国の急激な経済成長は中国人の生活を変化させ、物質的な豊かさをもたらした。その反面、中国では物価が上昇し、偽物や海賊品が氾濫しており、多くの中国人はどうせ買い物をするなら国内より、国外で買いたいと願い、こうした動機が日本旅行に訪れる中国人の増加につながっている。

 中国メディアの快資訊は16日、日本に押し寄せる中国人観光客に対して「日本人はどのような評価をしているのか、それを聞くと心が痛む」と嘆く記事を掲載した。

 近年の日本では訪日外国人を国籍別で見ると中国人が最多という状況が続いているが、記事は「中国で日本への旅行が人気を集めているのは明らか」であるとし、「日本には観光地として多くの魅力があることは否定できない」と主張。そして、中国人をもっとも魅了しているのは日本で買い物をすることであり、「それはショッピングの域を越え、既に買い漁りと化している」と指摘した。

 続けて、ドラッグストアや家電量販店、百貨店などで両手に沢山の買い物袋を提げて帰る中国人を目の当たりにした日本の店員たちは、その購買意欲に「只々驚くばかり」だと指摘する一方で、「多くの中国人が買い物に没頭する余り我を忘れ、店内はかき乱されている」とし、「こうした振る舞いは多くの日本人を不快にさせている」と指摘した。

 また中国人観光客に対する日本のネット上の評価は、「中国人観光客が売り場に殺到し、身動きが出来ないほどで、売り場が混乱するため、日本人は皆離れて距離を置いて冷ややかに見ている」というものだと指摘し、「これを聞くと中国人として心が痛み、ため息しか出ない」と嘆いた。記事は、多くの中国人の民度は向上しているとしつつも、「旅行先では祖国を背負っていることを忘れず、国内外に関わらず平常心で礼節を保つように」と喚起し、日本人から冷ややかな目で見られないよう言動に注意すべきだと伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)