日本はGPSと一体での運用が可能な高精度測位準天頂衛星システム「みちびき」の本格運用を2018年11月から始める。中国も独自の衛星測位システムとして北斗測位システムの開発・運用を行っているが、日本と中国のシステムのどちらがより優れているのだろうか。

 中国メディアの快資訊はこのほど、日本の「みちびき」は誤差数センチという高い精度の測位が可能だと伝えつつ、「みちびきに比べると、北斗の精度はさらなる改善が必要だ」と主張する記事を掲載した。

 記事は、「みちびき」の高い精度について「恐ろしいほど高精度」であるとし、数センチの誤差というのは果たして本当なのかと主張。つい疑・・・・

続きを読む