日本経営管理教育協会が見る中国 第529回 ――坂本晃

◆南満州鉄道の誕生

 1868年(明治元年)の明治維新から1945年(昭和20年)第2次世界大戦の終戦まで、150年間は江戸時代からの士農工商という遺伝子を継承し、「富国強兵」に代表される日本国の政策は、欧米の植民地支配を見習う形で、工業中心で産業革命により経済を成長させると同時に軍国主義の時代であった。

 1894年7月(明治27年)には日清戦争、清国と朝鮮を巡って戦争、8カ月後に日本は勝利し、当時のお金で約3億円の賠償金と遼東半島と台湾を日本のものにすることになった。

 1904年2月(明治37年)には、日露戦争、当時ロシアが中国東北部を占領し、日本の遼東半島の権益を侵されたのに対抗して開戦、日本海海戦に勝利するなどして、1年半後には終戦し、旅順・大連の租借権、満鉄の基本路線になる長春~大連間などの鉄道経営権、南樺太を日本領にするなどの成果を得た。

 1906年(明治39年)にこの鉄道経営権を母体に日本の国策会社として南満州鉄道株式会社(満鉄)を設立、鉄道事業を開始した。主な路線である長春~大連間は、ロシアの手ですでに1903年(明治36年)敷設されていた。

 1910年(明治43年)には、日韓併合条約により、朝鮮半島を日本の領土にすることに成功した。

◆満州国建国から第2次世界大戦へ

 1914年(大正3年)に第1次世界大戦が欧州で起こり、日本も参戦、工業を中心に空前の好景気をもたらした。

 1929年(昭和4年)には世界大恐慌が起こり、世界で多数の失業者が路頭に迷った。日本もその影響を大きく受けた。

 1931年(昭和6年)9月18日には瀋陽郊外の柳条湖事件から満州事変へ、翌1932年(昭和7年)には、満州国を建国、実質的な役割は満鉄が受け持った。満州は五族協和を旗印に、日本人にとっては優雅な生活とやりがいのある仕事を進められた。

 満鉄の子会社、撫順炭鉱や昭和製鉄所(現在の鞍山製鋼)の経営、長春、瀋陽、大連などの都市計画が飛躍的に進められた。これらの従業員の日本人社宅は、水洗トイレやペチカ、地域暖房も一部では導入され、日本人の小中学校も当初は満鉄の実質的経営で開校された。

 1937年(昭和12年)7月7日に起きた北京郊外の盧溝橋事件から日中戦争となり、日本が中国の主要部を制覇、汪兆銘による南京政府が機能した1940~1945年の間には、1941年(昭和16年)12月8日に第2次世界大戦で主にアメリカに対して開戦している。

 1942年(昭和17年)11月号、日本の鉄道省編纂時刻表の地図によると中国は「華北」と「華南」という表現で、北京、上海周辺の鉄道の旅客列車の時刻が掲載されている。当時は日本の領土であった朝鮮を経由して、東京から下関、関釜連絡船を経由し、釜山から満鉄線も経由して北京までの急行列車が2本、「大陸」「興亜」のニックネームで毎日運行されていた。

 満鉄が誇ったアジア号特別急行列車は、1934年(昭和9年)11月1日に運行を開始し、後に大連09.00発~ハルピン22.51着で往復運行されている。蒸気機関車が牽引し、最高時速130km、完全空調設備の客車、ロシア人のウエイトレスも勤務していた食堂車などを連結、各等の客車、密閉式の1等展望車が自慢であった。戦争の激化に伴い1943年(昭和18年)2月28日で運行を停止した。

 1945年(昭和20年)8月15日に日本はポツダム宣言を受け入れ、無条件降伏した。その直前の8月9日、ソ連は満州に侵攻を開始、関東軍の主力は南方へ移動済みで、満州での戦闘は極めて局地的だった。

 終戦当時の満鉄は空襲などの被害もなく、無傷でソ連軍の大部分は満鉄を活用して大連へ侵攻したと推測される。

 1945年(昭和20年)9月22日には中国側の組織「中国長春鉄路」に満鉄の業務は引き継がれ、満鉄は消滅した。しばらく間は、元満鉄の従業員が運営した。満鉄の日本人従業員は徐々に引き揚げた。その後現在の中国国鉄に吸収され、2018年(平成30年)現在の満鉄路線はそのまま中国国鉄が運営、日本でいう新幹線、高速鉄道は全国に建設され、旅客の移動の多くはそちらを利用し、在来線は貨物輸送が主流と推測される。(写真は、満鉄が誇ったアジア号の機関車=1981年撮影。提供:日本経営管理教育協会)