1868年(明治元年)の明治維新から1945年(昭和20年)第2次世界大戦の終戦まで、「富国強兵」に代表される日本国の政策は、欧米の植民地支配を見習う形で、工業中心で産業革命により経済を成長させると同時に軍国主義の時代であった。(写真は、満鉄が誇ったアジア号の機関車=1981年撮影。提供:日本経営管理教育協会)

続きを読む