中国では「日本人は民度が高い」と言われている。訪日中国人が増え、日本人の日常の行動を見る機会が増えていることが関係していると言えるだろう。では具体的にどのような行動から「民度の高さ」を感じるのだろうか。

 中国メディアの快資訊はこのほど、日本人の小さな女の子が道路を渡る様子を紹介する記事を掲載し、「女の子が道路を渡るという一連の行動を見るだけで日本人の民度の高さが見て取れる」と伝えている。

 記事が紹介しているのは、小学校低学年くらいの女の子が信号機のない道路にある横断歩道を渡っている光景だ。女の子が横断する際に1台の車が走ってきたが、車は女の子を優先するために停車し、女の子は「道路を渡り始める時」と「渡り終えた後」に頭を下げて感謝を示している。こうした光景は日本のどこでも見られるものであり、実際に同じような光景を目にしたことのある日本人は多いだろう。

 しかし、記事は「女の子がいることを知った車の運転手は自発的に一時停止し、女の子も頭を下げて感謝を示している」と伝え、こうした一連の行動は中国ではなかなか見られないものだと強調。中国では歩行者がいても一時停止しない車が多いほか、一時停止してもらったとしても感謝を示す人は少ないだろう。

 記事は「中国も日本のように互いに譲り合う社会であれば、互いがより便利になるだけでなく、人びともより信頼し合うことができるのに」と伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)