2030年に行われるサッカー・ワールドカップについて、韓国が日本、中国、北朝鮮と共同開催する構想を持っているとの情報が一時期メディアやネットを賑わせたが、今度は日中韓による合同サッカーリーグの話が出てきた。中国メディア・東方網が16日報じた。

 記事は、韓国紙・中央日報が報道の中で「日本、中国、韓国でプロサッカーリーグを共同で立ち上げよう。中国は世界第2の経済大国で、日本と韓国も高い経済力を持っている。3カ国がタッグを組めば世界経済の発展をリードすることができるが、それはサッカー分野でも同じ。もし、英プレミアリーグを黄金級のリーグと称するのなら、日中韓の合同リーグはダイヤモンド級だ」・・・・

続きを読む