著しい経済成長を遂げた中国。近年は中国経済が米国経済を抜いて世界一になるのも時間の問題といった声も聞かれるようになり、もはや中国にとって日本は目標とすべき国ではないといった声まで存在する。

 しかし、中国メディアの快資訊はこのほど、「中国人は日本の実力を正しく認識できているのだろうか」と問いかける記事を掲載し、日本の実力を知れば「決して過小評価できない国であることが分かるだろう」と論じている。

 記事は、日本は42年間にわたって維持し続けてきた世界第2位の経済大国の座を奪ったのは中国だったと伝え、その後は中国との経済規模は差が開く一方だと指摘。だが、中国にとって日・・・・

続きを読む