不特定多数の人が行き交う「道路」は、その国の社会が大きく反映されている存在と言えるだろう。中国メディアの快資訊は13日、ベトナムや中国、日本の道路を比較して見ると、それぞれ大きな違いがあることがわかると論じる記事を掲載した。

 記事は、まずベトナムの道路を紹介。ベトナムではバイクが人びとにとって主要な交通手段となっているが、写真では2ー3人が乗ったバイクが道路を埋め尽くしている様子が写っている。記事は「ベトナムの路上は非常に混雑していて、自動車でもバイクでも運転する側の技術が問われる状況」だと伝え、ちょっとした不注意でもすぐに事故を起こしてしまいそうだと論じた。

・・・・

続きを読む