2016年に三菱自動車などが燃費データの改ざんを行った問題が発覚した後、日本の大手乗用車企業中5社でルール違反が発覚した。中国メディアは、「現在のところ違反行為が見つかっていないのはトヨタ、ホンダとダイハツの3社のみである」と指摘した。(イメージ写真提供:123RF)

続きを読む