日本を訪れる中国人観光客が増加を続けているが、中国メディアの快資訊はこのほど、「日本は本当にどこでも清潔で、中国はごみ箱のように不潔なのか」と問いかける記事を掲載した。

 日本を訪れた中国人旅行客は「日本はどこも清潔で、快適だった」と口をそろえて称賛する傾向があるが、記事は、「言い換えれば、中国は日本に比べると非常に汚い」と言っているようなものだと指摘した。

 歴史的背景から多くの中国人は日本に対して良い感情を持てないようだが、それでも近年の日本は中国人にとっての人気の観光地となっている。それだけでも複雑な気持ちになる中国人は多いと予想され、さらに、日本人の民度を賞賛し、見習うべきだとの意見を聞くと、よりいたたまれなく感じる中国人は多いだろう。

 記事は、日本の街が清潔に保たれているのは「気候や環境、習慣や教育」といった要因が関係していると主張した。たとえば、「幼少の頃から公共衛生に関する厳しい概念を教え込まれ、自分のごみは自分で持ち帰る」という考え方は中国人にはないものだとし、日本でも路地に入れば汚い場所がない訳ではないとしながらも、日本人のマナーは良く、街中でごみをポイ捨てしたり、煙草を吸いながら歩く人の姿は見られないと指摘。

 いつでも清潔に保たれている日本の街角の写真を見れば「ショックを受ける中国人は多いだろう」と指摘し、中国と比べれば日本が清潔なのは間違いないことを伝えた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)