中国では小学生の登下校は親や祖父母などの保護者が付き添うのが一般的で、登下校の時間になると学校の校門前が送り迎えの車で渋滞している様子はもはや日常の光景となっている。

 そもそも中国の保護者が子どもたちの送り迎えをするのは、児童の「誘拐」が多発しているという事情があるためだ。一部報道によれば、中国では年間20万人もの子どもが誘拐されているという。

 中国メディアの快資・・・・

続きを読む