中国メディア・東方網は8日、「日本の4つの『変態的』な部分を見て、われわれがスタートラインの時点ですでに負けていることが初めてわかる」とする記事を掲載した。

 記事は、「それぞれの国にはそれぞれの方式や特徴がある。ただ、相対的に見て、日本の児童教育は実に細かいところまでしっかりやっており、われわれが注目し、参考にするに値する点が多い」としたうえで、そのポイントとなる点を4つ挙げて説明している。

 1つめは「あらゆる事柄に網羅されている礼儀の教育」だ。記事は「日本の幼稚園では、登園した園児がまず自分で靴を履き替える。自分の荷物を自分でロッカーに入れる。そして、先生の・・・・

続きを読む