中国メディアは、世界からモラルの高さを称賛される日本について、1960年代はアジアの教養のない成金集団とみなされ、90年代に入ってようやく清潔を愛する習慣ができるなど、経済発展から約30年近い時間がかかってモラルのある国になったと伝えている。(イメージ写真提供:123RF)

続きを読む