世界でも一風変わった人口抑制策「一人っ子政策」は、30年以上中国の特徴となってきたが、今ではそのしわ寄せがきているようだ。2016年には一人っ子政策を廃止し、2人目まで自由に出産できるようになったものの、2017年の出生率は非常に低く日本を下回ったほどだという。中国メディアの快資訊は8日、日本よりも出生率が低い中国の20年後を心配する記事を掲載した。

 中国の2017年の出生数は1723万人で、前年の1786万人を下回り、出生率は1.24パーミルになった。これは日本の1.43パーミルより低い数字だ。記事は、「10年前はみんなこっそり子どもを産んでいたのに、今では2人目を産めるようにな・・・・

続きを読む