中国では長きにわたって計画生育政策が行われてきた。「一人っ子政策」と呼ばれた同政策によって、多くの中国人は子どもを1人しか産み育てることができなかったが、その結果として親や祖父母の愛が1人の子どもに集中し、甘やかされて育った子どもは自分1人では何もできないほど自立心に欠ける傾向にあると言われた。

 「一人っ子政策」はすでに撤廃されているが、子どもを甘やかして育てる傾向は今も続いている。たとえば、中国では保護者が子どもの学校への送り迎えを行うのが一般的だが、その際に保護者が子どもの荷物を全部持ってあげる光景は珍しくない。それゆえ中国人が日本を訪れ、日本の子どもたちの行動を見ると「すでに・・・・

続きを読む