日本で気象予報の際に「命に係わる高温」という表現が使われ始め、「室内ではためらわずエアコンを使いましょう」と呼びかけられているが、同様の状況は中国でも起こっている。このため、エカコン消費などのよる中国の電力需要がうなぎ上りとなり、深刻な電力不足が懸念されている。

 中国は、温室効果ガスの最大排出国であり、かつ、世界最大の人口を要する中国の最も人口が密集する中国北部の華北平原一帯は、近年、たびたび「熱波」に襲われている。このほど発表された米マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究では、二酸化炭素(CO2)の排出量を減らさなければ、「今世紀末には、ほんの数時間さらされるだけで人を死に追い・・・・

続きを読む