子どもは国の将来を担う存在であり、子どもにどのような教育を与えるかによって国の将来は大きく左右されることになると言えるだろう。中国メディアの快資訊はこのほど、日本の幼児教育は中国で行われている教育に比べて圧倒的に優れていると伝えつつ、「このままでは日本人と中国人は次の世代でさらに差が広がることになる」と論じる記事を掲載した。

 中国では教育といえば主に学業や知識の習得を指し、道徳やマナーといった点は疎かになっているように見受けられる。また、一人っ子政策が長らく実施されてきたため、中国の子どもは過保護に育てられ、自分では何もできないわがままな子に育ってしまう傾向にあるとも言われている。・・・・

続きを読む