中国では経済の発展に伴って多くの人が自家用車を所有するようになっている。今や中国は世界最大の自動車市場となったが、自動車の増加によって都市部では渋滞問題が深刻化している。特に大都市の渋滞は慢性化しており、渋滞緩和に向けて様々な取組みがなされているが解決には至っていないのが現状だ。

 中国メディアの快資訊は3日、「東京の自動車保有台数は北京よりも多いが、渋滞が少ないのはなぜか」という記事を掲載し、その理由について考察している。中国人としては自動車が多く、車線の数も中国より少ないはずの東京の路上ではスムーズに車が走っていることが不思議でたまらないようだ。

 中国では様々な都市で毎日ひどい渋滞が発生しているが、記事は「北京より人口密度が高く、登録されている自動車台数も北京より多いはずの東京では、なぜか北京よりも渋滞が少ない」と紹介し、「これは一体なぜなのか」と疑問を提起した。

 その理由について記事は、「東京では駐車場が少ないうえに駐車費用が高く、公共交通機関も発達しているため、多くの人はマイカーを持っていてもマイカーで通勤をしない」と指摘。また、日本の交通取締りは非常に厳しいため、誰もが交通ルールを守って運転していると強調した。確かに中国では交通ルールを守らず、自分勝手な運転で渋滞を招くドライバーが少なくない。道の真ん中で停車したり、無理に割り込んだりなどは日常茶飯事だ。また、路上駐車も非常に多い。

 他にも記事は、日本では個々のドライバーのマナーが良いため、歩行者を優先させている様子を見ることができること、逆に、我先に前に進もうするドライバーを見かけることはなく、自動車が非常にスムーズに流れていると紹介している。

 現在の中国では都市部に人口が集中しつつある。住宅地以外では駐車場がまだ整備されていないゆえ、路上や歩道に駐車するしかないのが現状だ。また、携帯電話を操作しながら運転するなど、各ドライバーの運転マナーも良くないゆえ、慢性的に渋滞が発生してしまう。今後、さらに自動車が増えていくことが予想される中国では渋滞緩和に向けた対策が急がれている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)