言語が通じない国に旅行に出掛けた際、現地に言葉が通じる人がいれば心強く感じるだろう。近年、日本を訪れる中国人は増加しているが、日本人で中国語を話すことのできる人は少数派であるうえ、日本語を話せる中国人も多くない。

 そこに目をつけた一部の中国人による白タク行為が増えていることが日本各地で問題となっている。中国メディアの快資訊は3日、「日本旅行では中国人一派に気を付けるべきだ」と論じる記事を掲載し、最近問題となっている「白タク」を利用しないようにと紹介している。

 記事はまず、日本では最近、道路交通法違反で中国人が逮捕される事例が相次いでいることを紹介。ある中国人は・・・・

続きを読む