訪日中国人はますます増えているが、日本が旅行先として人気なのは、景色の美しさ、日本製品の質の良さ、街がきれいで人々が礼儀正しいことなどによるようだ。

 しかし、日本人の生活は良いことばかりなのだろうか。中国メディアの快資訊は4日、夜の街を見ると日本人の仕事のストレスは大きいことがよく分かるとする記事を掲載した。当たり前のことだが、日本も「天国ではない」としている。

 記事によると、ある中国人旅行者は、日本旅行に来て、噂にたがわず道路がきれいで、どこもかしこもきれいなことに衝撃を受けたという。ごみ箱まできれいで、年季の入った古い車もよく手入れされて「新車のよう」で、どうやったらここまでできるのか理解できないとすっかり感心している。

 しかし、「昼間は装っているだけで、夜になれば本当の姿が現れる」と考え、夜の街に繰り出してみたそうだ。しかし、人通りのある大通りは昼間と変わらず「礼儀正しい印象だった」というが、夜中の12時を境に泥酔したサラリーマンが見られたとしている。ある人はカバンを持ったまま路上に横になり、ある人は叫び、ある人は泣き、やはり、日本にも夜の顔があったと紹介している。

 後に、日本の友人に尋ねて、「仕事のストレスが大きい」のが理由だと教えてもらったそうだが、お酒を飲んでストレスを発散しても、翌朝目が覚めたらストレスはかえってさらに大きくなっているのではないかと疑問を呈している。静かで礼儀正しいという印象の日本人も、ストレスを抱えた生活をしているのは同じということだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)