中国メディアは、「中国に国という概念ができたのは秦の始皇帝の時代からだが、国としての意識が高まったのは明の時代だ」と紹介。中国の最初の国旗はその明の時代にさかのぼり、当時の国旗は「黄地に赤丸という形」で、今の日本の国旗と色違いだったと主張している。(イメージ写真提供:123RF)

続きを読む