中国の「混合所有制改革」は、2006年~07年に進んだ大型国有企業の株式上場ラッシュ以来の国有企業改革に位置づけられている。特に、電力や鉄道、航空、電気通信など、国内のインフラを担う企業群が重点推進産業に取り上げられている。(イメージ写真提供:123RF)

続きを読む