南北に長く、四季がはっきりしている日本では、各地でそれぞれ独自の名物料理が発展してきた。日本各地を訪れる外国人観光客にとっては、ご当地グルメを味わうことも大きな楽しみの1つと言えるだろう。中国メディア・東方網は3日、北は北海道から南は沖縄まで、日本を代表する9大都市のグルメを1品ずつ紹介する記事を掲載した。

 記事が紹介したのは、北から函館、東京、横浜、名古屋、京都、大阪、神戸、福岡、沖縄だ。まず、函館では、うに丼を紹介。「北海道産のうにをご飯に乗せて醤油を掛けたうに丼はとてもジューシーで芳醇な甘さを持っていて、おいしさのあまり飛び上がりそうだ」と評している。

 ・・・・

続きを読む